アメダス月表【ヘルプ】

A. アメダスは、以下のような画面で構成されております。

  • アメダス実況(地図表示)
    1. データ表示部
    2. 4要素表示ボタン、各要素表示ボタン、広域画面ボタン、過去検索ボタン、地名オン/オフボタン
  • アメダス実況(グラフ表示)
    1. データ表示部
    2. 4要素表示ボタン、各要素表示ボタン
  • アメダス日表・アメダス月表
    • 地点選択
    • 時別実況値
      1. 検索プルダウンメニュー
      2. データ表示部
4要素とは、アメダス観測要素の「降水量」、「気温」、「日照」、「風向風速」を表しています。
[降水量]
1時間あたりの降水量をミリ(mm)で示します。
[気温]
毎正時における気温を摂氏(℃)で示します。
[日照]
1時間あたりの日照時間を分単位で示します。
[風向]
風の吹いて来る方向を示し、正時前10分間の平均風向を16方位で表します。
[風速]
風の強さを、正時前10分間の平均風速で表します。
[積雪]
1時間あたりの積雪高をセンチ(cm)で示します。

アメダス実況(地図表示)
アメダス実況画面は、大きく分けて、画面表示選択部(上部)とデータ表示部(下部)の2つで構成されております。

観測値は、右下の凡例に即した値のマークで表示されます。最狭域表示(都道府県表示)ではさらに、数値が深緑色のプレートの上に白字で表示されます。欠測の場合、"--"という表示になります。

表示エリアは「各都道府県毎(一部の地域は各地域毎)」「各地域毎」「全国表示」の3通りあります。より広域なエリアを選択する場合は、左上の「○○広域画面」ボタンをクリックし、より狭域なエリアを選択するばあいは、地図上の該当エリア(都道府県単位)を選んで地図を拡大します。



表示選択ボタンは以下のとおりとなっております。
  1. [4要素表示ボタン]気温、降水量、風向・風速、日照の4要素地図表示を 4画面同時に表示します。
  2. [広域エリア選択ボタン]現在表示されているエリアより1つ広域のエリアを表示します。
  3. [ |<< ]最古のデータを表示
    [ < ]一つ過去のデータを表示
    [ > ]一つ未来のデータを表示
    [ >>| ]最新のデータを表示
  4. [地名オン/オフボタン]最狭域表示(都道府県単位)でアメダスポイント名の表示の有無を選択します。
  5. [各要素選択ボタン]各要素の地図を表示します。

最狭域表示(都道府県)では、観測地点のマークをクリックすることで、 その地点のその要素のグラフを表示します。

アメダス実況(グラフ表示)
アメダスグラフ表示は、画面表示選択部(上部)と、グラフ表示部(下部)の2つで構成されています。



表示選択ボタンは以下のとおりとなっております。
  1. [4要素表示ボタン]気温、降水量、風向・風速、日照の4要素グラフ表示を 4画面同時に表示します。
  2. [地域選択画面ボタン]アメダス地図表示に戻ります。
  3. [各要素選択ボタン]各要素のグラフを表示します。

アメダス実況(グラフ表示:風向・風速)
風向・風速の地図表示ならびにグラフ表示において、風向マークは矢羽の凸の部分が画面下部を向いているものが北向きの風とし、十六方位で表されます。



アメダス日表・月表
アメダス日表・月表は、地点選択インデックス画面および、各地点のアメダス帳票表示で構成されています。メニュー選択直後は、左図のような地点選択インデックス画面が表示されます。該当地点をクリックすると各地点の帳票を表示します。


帳票表示は、地点検索部とデータ表示部で構成されています。
他の地点を表示するには、検索プルダウンメニューから都道府県とアメダス地点、該当日/月を選択し、「検索」ボタンをクリックします。 1時間毎/1日毎のアメダスデータを表示します。


一覧表の下にある[CSVダウンロード]を クリックすると、表示されている地点のアメダス 日表/月表をCSV形式のファイルとしてダウンロード できます。Excelやテキストエディタでの編集が 可能です。アメダスデータの管理、帳票保存に ご利用ください。


B. データ更新タイミング

データの更新は、
  • アメダス実況 1時間毎
  • アメダス日表 1時間毎
  • アメダス月表 1日毎
となっております。データ到着と同時に随時作成されます。